高画質化した映像をさらに画像アップスケーリング!

こんにちは、田中です!

高画質化した映像をさらにアップスケーリングしたらどうなる?

私はたくさんの映像をアップスケーリングしてきて、映像アップスケーリングしたものを切り取って画像アップスケーリングをしたら、写真よりも高画質なものを作ることができるのでは?と思い、今回は検証していきたいと思います!
今回は以前アップスケーリングした映像の一部をフリープランの画像アップスケーリングで高画質にしてみました!
元画像からのアップスケーリングと、高画質化された映像のアップスケーリング、どれくらい違いがあるのか見ていきましょう!

まずは元映像をスクリーンショットし、フリープランの画像アップスケーリングで高画質化したものになります。

次に、4倍にアップスケーリングした映像をスクリーンショットし、フリープランの画像アップスケーリングで高画質化したものになります!

輪郭の線のはっきりさや、映像のざらつきのなさが明らかに違いますね!
アップスケーリング同士を比較してみるとかなり違いがわかると思います!
特に顔のなめらかさなどが違いますよね!
やはり4倍に映像アップスケーリングしたものを画像アップスケーリングしたものの方が明らかに画質は良くなりますね!

同じ倍率のアップスケーリングでも映像と画像では違う?

おまけで元映像を4倍にアップスケーリングした画像と画像も比較してみようと思います!

映像の画像は映像のアップスケーリングが綺麗

比較してみると若干映像のアップスケーリングの方が高画質になっているように思います。
これは、画像は映像を止めた一枚の絵をAIの補完技術でアップスケーリングしているのに対し、動画は1秒間に30枚程連続された画像の動きを見ているものであり、その1枚1枚をAIの補完技術を用いて高画質にしているので映像のアップスケーリングの方がより高画質になっているのです。

ホームビデオ、演劇、音楽ライブ、お笑い、アニメ等をpicmoのアップスケーリングでよみがえらせませんか?

お申し込みはこちらから👆

まずはお試ししたいという方はこちらから😊

父の日キャンペーン開催中📢
👆詳しくはこちらをチェック👆

法人のお客様はこちらから👆

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA