4Kで制作しなくても4Kの作品を作ることができる…⁉

こんにちは、田中です!

前回のコラムでもご紹介しましたが、4Kはフルハイビジョンのおおよそ4倍の画素数を持っています!
今では、一般家庭においても、4Kテレビなどが普及し、鮮明な映像を楽しむことができますよね📺

アップスケーリングを利用して4K作品を制作できる⁉

ただ、4Kの作品を制作する場合、膨大な容量が必要になります!
予算も多く、パソコンのディスク容量を圧迫し、必要なくなったら消すという方も多いのではないでしょうか?
そんな方にお勧め!picmoならFHDの映像を4Kに変換できます!

AIの補完技術を用いたアップスケーリング

picmoではAIの補完技術を用いたアップスケーリングを提供しています!
つまり、、
実質FHDの制作する労力・コストで、4Kにすることができるんです!
もちろん、4Kで制作した映像の方が綺麗ですが、少ない予算で4Kの映像を作ることができますよ!

ウェブ動画では4Kがメジャーになってきております。
動画を高画質化し、利用しませんか?

実写映像だけでなく、アニメにも対応しております!
ぜひ制作した作品を4Kに高画質化してみましょう!

ホームビデオ、演劇、音楽ライブ、お笑い、アニメ等をpicmoのアップスケーリングでよみがえらせませんか?

お申し込みはこちらから👆

まずはお試ししたいという方はこちらから😊

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA