FHDと4Kってどれくらい解像度が違うの?画像で比較してみました!

こんにちは、田中です!

高画質化で大切なのは解像度ですが、実際高画質化したらどれくらい変わるのかピンとこない方いませんか?
私もpicmoに関わってからFHD(フルハイビジョンまたはFullHDとも記載されます)から4Kへの高画質化がどれだけすごいのか分かりました…(笑)

動画の解像度とは?

まず「動画の解像度」とは、画素の密度のことで、動画の縦横のピクセル数で表します。
解像度が高いほどピクセル数が多く、細部まで映像を出力することができます。
きれいな映像を見るためには、解像度を上げる必要があります!
例えばDVD(SD)「720×480」は345,600ピクセル、Blu-ray(FHD)「1920×1080」は2,073,600ピクセルになります😳

4KはFHDの4倍!

さらに、解像度が変わることでどれだけ高画質になるのか、図で分かりやすくご紹介します!

4Kテレビ等よく聞きますが、4KはFHD(Blu-ray)の4倍の大きさだったんですね!
こうやって比べると4Kがどれだけ大きいのか分かると思います!

picmoは高画質化する際に、AIの補完技術を利用しているのでより鮮明に高画質になっているのです!
プレミアムプランなら、4Kまで高画質にすることができますよ📀
結婚式等で大きな会場で映像を見たり、企業の資料を作成する場合はプレミアムプランをおすすめします!

ホームビデオ、演劇、音楽ライブ、お笑い、アニメ等をpicmoのアップスケーリングでよみがえらせませんか?

お申し込みはこちらから👆

まずはお試ししたいという方はこちらから😊

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA