【アップスケーリングしてみた第13弾】インスタントカメラのレトロな雰囲気を残しつつ高画質に変換!

こんにちは、田中です!

再注目のインスタントカメラ

近年、インスタントカメラが若者を中心に再注目されています。
結果はすぐ確認できないうえに、ちゃんと写っているのかもわからないといったドキドキ感、そしてレトロな写真は一昔前を感じることのできるものとなっているようです!

今回はインスタントカメラで撮影した写真を高画質に変換していきます!

(540×814)から(2160×3526)に変換したもの

レトロな雰囲気は残しつつ、輪郭などがなめらかに変換されていると思います!
インスタントカメラの良さも残しながら、高画質にできるなんていいですよね!
アルバムとかを作成するときにとても役に立ちそうだなあと思いました!

失敗だと思った写真も蘇る!

画像が荒いというのもインスタントカメラの魅力ですが、SNSにアップするなら画質がいいなと思う時もあると思います!
また、インスタントカメラに慣れていないと距離感がつかめず思ったよりも遠かったり、暗くなってしまうこともあるのではないでしょうか?
そんな時はぜひ『picmo(ピクモ)』で高画質に変換しましょう!

初回割引キャンペーン開催中!

今なら、初回割引キャンペーン実施中!
9,900円のプランが2,970円でご利用頂けます😳
オトクにアップスケーリングできるチャンス✨
ぜひご両親にお孫さんの成長を動画でプレゼントしてはいかがでしょうか?

ホームビデオ、演劇、音楽ライブ、お笑い、アニメ等をpicmoのアップスケーリングでよみがえらせませんか?

お申し込みはこちらから👆

まずはお試ししたいという方はこちらから😊

法人のお客様はこちらから👆

初回割引キャンペーン開催中🎪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA